服装探偵 saki* 「おめかしの日も。そうじゃない日も。」

服装探偵saki*★服装心理学®を取り入れたパーソナルスタイリスト(個人向けスタイリスト)によるファッションスタイリングサービス。ファッションネタも、ときどきそうじゃないことも。”似合うを知って今の時代を生きるポジティブ服”を提案。2018年はしゃかりきに新生活と若者ファッション応援中!! 

それぞれしっくりポイント∞〈パーソナルスタイリング〉


こんにちは。

服装探偵のsaki*です。パーソナルスタイリストのsaki*です。
 

好きな服、似合う服、制限のかかった冠婚葬祭の服。一言でファッションやコーディネートと言っても、実際には様々なシーンがあって。

普段着では好きなスタイルは決まっているのに、TPOに縛られたとたん、何を合わせていいかわからなくなってしまったり、逆に、TPOがあった方がコーディネートしやすく、なんでも良い普段のカジュアルスタイルになると、何を選んで良いのかまったくわからなくなってしまったり。なんとなく得意だわ♪とか、なんとなく苦手だなー、とか
思う分野が人によって違っているなぁと思います。

 

f:id:sakibaa:20171228112110j:image

 

トップスやボトムス、ファッションのアイテム単品はすべて、色と形、素材の3つの要素で構成されています。パーソナルスタイリングでは、それら各要素と、着用者のパーソナルな持ち味との相性をスタイリングする。

パーソナルな持ち味とは、着用者の、お顔立ちと体型の特徴、似合う色(パーソナルカラー)。それから、生活スタイル。そして、個人個人が感じる何を重視したファッションが心地良いのか?ということだと思います。
”お気に入りのアイテムを取り入れたスタイリング”に満足感を覚える方もいれば、”人に見られて変じゃないスタイリング”の安心感を重要に考えている方もいらっしゃいます。心が落ち着きを感じる服装の傾向、しっくりポイントは人それぞれなのです。
 
アイテムの各要素と、着用者のパーソナルな持ち味との相性をスタイリングとは、
アイテムの色、形、素材の3要素と、パーソナルな顔立ち、体型、似合う色、それからしっくりポイント。複合的に、それらの組合せとバランスをコントロールすることです。
 
それから、欠かせないのが、アイテム単品が持つテイストとルーツです。
特にファッションテイスト。これを見落とすと悲惨なことになるし、そういったアイテムの背景、テイストやルーツまで加味したスタイリングは
とってもオシャレ♡

その人の外見の先にある知的でロジカルな人間性、内面の部分を垣間見たような気がして、オシャレだなー♡素敵だなー♡と羨望の眼差しを飛ばしてしまいます♫
うふふ。


ご覧いただきましてありがとうございました♡


服装探偵saki* わたくしのプロフィール。怪しい者ではございません。

sakibaa.hatenablog.com